内視鏡

​内視鏡(大腸/胃カメラ検査)

内視鏡案内

広島市佐伯区の三宅クリニックでは胃カメラ・大腸ファイバーによる内視鏡検査で、胃ガン・大腸ガンの早期発見・早期治療を行っております。 また、内視鏡検査で急性胃炎・慢性胃炎・胃潰瘍・胃ポリープ (胃底腺、過形成、炎症性、腫瘍性)・早期胃ガン・ピロリ菌の有無や大腸ポリープ・大腸ガン・大腸憩室症・潰瘍性大腸炎・虚血性腸炎などを見つけることも可能です。 胃や大腸で不安がある方はお気軽にお問合せください。

ひし形
このような症状でお困りではありませんか?

⚫︎このような症状のある方は胃の病気の可能性がありますので【胃内視鏡検査】をお勧めいたします。

  • もたれ・おなかの不快感・おなかの痛み

  • 酸っぱい液があがる、おなかの痛み、咽頭の違和感

  • 腹痛、黒色便、食欲低下、味覚低下、みぞおちの重たい感じ

  • 慢性胃炎をお持ちの方

  • 腹痛、吐き気、呑酸の症状がある方 ・みぞおち周辺に痛みがある方

  • 胸がつかえる感じがある

  • お酒やたばこをたしなむ

  • 胃のX線検査で異常があった方 など

胃カメラ検査

⚫︎このような症状のある方は大腸の病気の可能性がありますので【大腸内視鏡検査】をお勧めいたします。

  • ​血便

  • 便通異常、便が細い、下痢、軟便

  • 腹痛

  • 腹部のしこり

  • 体重減少、食思不振、低栄養

  • 便秘が続いている

  • 親族に大腸がんになった方がいる

  • 痔をお持ちの方 など

大腸検査
胃や大腸に不安がある方、地域のかかりつけ医である三宅クリニックにお任せください。
ひし形
広島市佐伯区の三宅クリニックは内視鏡検査で早期発見・早期治療を目指します
電球

三宅クリニックで内視鏡検査を行えば、早期発見・早期治療につながります。 経験豊富な医師が苦痛の少ない内視鏡検査を行うようにしています。 当院は上部内視鏡検査(胃カメラ)・下部内視鏡検査(大腸ファイバー)が行えます。 内視鏡と聞くと辛い・苦しい検査というイメージをもたれていますが、胃内視鏡検査で使用するカメラは直径約9mmの小指くらいの細さです。 内視鏡専門医が患者様の苦痛が少なく痛みを抑えた精度の高い検査を目指します。

もし、検査で病変が見つかれば、良性の病変とガンを区別するため、一部を取って顕微鏡で調べる検査(生検)または、その場で取れる大きさなら切除を行います。 早期のガンであれば検査と同時に治療(手術)もできます。

内観

今までの「胃カメラで痛い思いをした」「麻酔を使ったらフラフラになった」「大腸カメラは恥ずかしい」「下剤が大変」「仕事で検査の暇がない」などご不安がありましたら、是非一度ご相談いただければと思います。 患者様がストレスを感じない内視鏡検査を目指しております。

内視鏡検査をご希望の方はまずはお気軽にご連絡ください。 不安や気になることがあれば、ご相談ください。